2018 桜花賞【G1】最終予想

今年の桜花賞は、例年に比べ関東馬が非常に多いです。しかし3歳の牝馬遠征が苦手な馬が多いので、少し気になるところです。

関東馬の筆頭は、やはりアーモンドアイではないでしょうか。今年のシンザン記念では、素晴らしい末脚で後方からゴボウ抜きでぶっちぎりの優勝。今回の桜花賞でどこまでやれるのか楽しみです。

 

次に上げるのがプリモシーンフェアリーステークスを差しての勝ち。他にはアネモネステークスを制したハーレムライン。デムーロ騎手が乗るレッドレグナント。

チューリップ賞 2着マウレアマウレアは、輸送に関してはクリアできているので、全く問題なく楽しみな1頭です。

関西馬も負けておらず、現在、新馬戦から4連勝中のラッキーライラック。去年の阪神ジュベナイルフィリーズ桜花賞の前哨戦チューリップ賞では圧勝。

ラッキーライラックの次が、やはりリリーノーブルで、前走のチューリップ賞では3着。決定的な瞬発力はないですが、末脚を長く使えるのが特徴です。

桜花賞【G1】展開予想

f:id:ryanyan:20180407184526j:plain

【ややペース早め】

参考レースとして、同じ舞台の今日開催された阪神牝馬ステークス前残りが多かったので、本番の桜花賞も同じ展開になるのではないかと予想しています。

逃げ馬も2頭いて、ハーレムラインレッドレグナントがかなり飛ばす様な気がし、そうなってくるとアーモンドアイには、不利な展開になり、馬券圏内から外れるかもしれません。

一方、ハイペースが得意そうなラッキーライラックには有利な展開になり、好位から早めに抜け出し、粘り勝ちになる可能性が高いです。

桜花賞【G1】最終予想

1.ラッキーライラック

スタートがいいので内枠は有利に働いて、先行できるのではないかとおもいます。後は能力があるので、軸に決めました。

対抗

8.ハーレムライン

9.リリーノーブル

15.プリモシーン

16.フィニフティ

17.マウレア

対抗には先行できる馬を中心に選びました。

ちなみに、アーモンドアイは、不安な点が多く、今まで弱い相手としかレースをしていなく、またスタートが遅いので、持ち前の瞬発力は活かせれないのではないかとおもいます。ただし競馬に絶対はないので、どうなるかわかりません。

桜花賞【G1】買い目

馬連

1-8.1-9

1-15.1-16.1-17

5通り 各200円

【合計】1,000円

三連複

1番の1頭軸ながし

8.9.15.16.17

10通り 各100円

【合計】1,000円

 最後に

今回の桜花賞突出して能力のある馬はいなく、どの馬が勝ってもおかしくないとおもいます。

※競馬に絶対はないので、負けてもいい金額で楽しみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です