電気のネットワークビジネス、ACNジャパンの報酬プランをまとめてみた。

 

先日、前の職場の上司に偶然出会って、その時、今回、紹介するACNのネットワークビジネスの勧誘を受けました。ACNは世間一般的に、マルチ商法ですが、電気を人に紹介するだけだから、「簡単にできるのではないか」と安易な考えでセミナーに参加してみました。

その話を聞いて1週間後、セミナーに参加したのですが、会場には約300人。「電気のネットワークビジネスはこんなに人気なの?」と驚きました。普段は10人くらいしか参加しないらしいですが、その時はACNジャパンの副社長がスピーチするということもあって300人もいたそうです。

また、ACNは外資ということもあって、スピーチをする人はグローバルな顔ぶれ、副社長は韓国系のアメリカ人。SVPという最高ランクの中国人やハワイ育ちのアメリカ人。副社長以外の2人は思わず感心してしまう程の流暢な日本語をしゃべります。

セミナー終了後、先ほどスピーチしていたSVPランクの中国人が私を含め、まだACNの会員になっていない人を集めて、場所をカフェに移動し本格的な勧誘を受け、その場で入会させようとしていました。

「さすがに即決はまずい」と思い、私は契約の即決を断りました。こういうものは絶対に契約書を隅々まで閲覧して、全て理解した上で決めるものだと思ったので、後日、「改めて会員になろう」と考え、

家に帰り早速、契約書を閲覧したのですが、勧誘を受けときと話が違うことに気がつきました。会費は44.900円ということは聞いていたけど、年間更新料が12.000円という話はなかった。

大事なことを言わないので、即決しなくて良かった。年間更新料が12.000円かかるということで、「12.000円はきついかな」と思い、ACNのネットワークビジネスはしないことにしました。

なぜ?この年間更新料12000円を支払うことがきついと思ったか、ACNの報酬プランと一緒に書いてみました。

ACNの会社概要

©ACNジャパン合同会社

ACN(アメリカ)

  • 【設  立】1993年
  • 【所  在  地】アメリカ ノースカロライナ州シャーロット
  • 【代  表】ロバート・ステヴァノスキィ

ACNジャパン合同会社

【設  立】2016年

【代  表】デイブ・ステヴァノスキィ

【所  在  地】 東京都港区浜松町

【取扱製品】 格安SIMやセキュリティ、健康補助食品、電気小売など

ACNジャパン合同会社

ACNの電気ビジネス会員になるための費用

ACNの電気ビジネス会員は2種類ある

ACNの電気ビジネス活動は2種類あり、儲けたいのなら入会費44900円。年間更新料が12000円のTT(チームトレーナー)資格が最初から得られるプランに契約することをおすすめします。しかし、最初に「お試し程度にやってみよう」という人はCR(カスタマーレプレゼンタティブ)をおすすめします。このプランは入会費と年間更新料が安いので、リスクはないです。

CR会員

【メリット】入会費3900円、年間更新料3900円と割安。100カスタマーポイントでQTTに昇格

 

【デメリット】ダウンライン報酬なし、CABボーナスなし、直接のカスタマーの売上報酬は、TT(チームトレーナー)
の50%。

ACN、電気小売ビジネスの報酬プランについて

ACNの電気ビジネスでの報酬はおもに3つあります。

  • パーソナルコミッション報酬
  • ダウンライン報酬
  • CABボーナス

1.自分が直接、紹介したカスタマーでの売上(パーソナルコミッション報酬)

MEMO

※電気小売のズームエナジーのカスタマーポイントは1契約につき2ポイント。

※携帯電話のSIMは1契約につき、1ポイント。

※電気小売のズームエナジーは売上の50%を電力会社の取り分、

残りの50%を自分の売上として計上。

カスタマーポイント1~29ポイント、売上の50%の1%が報酬

電気小売りのズームエナジーを10人で単価6.000円で計算すると

単価6000円×50%×10人×1%=300円

年間で3,600円

カスタマーポイント30~40ポイント。売上の50%の3%

例 単価6000円×50%×20人×3%=1800円

年間 21,600円

カスタマーポイント40~49ポイント 売上の50%の5%

例 単価6000円×50%×21人×5%=3150円

年間 37,800円

カスタマーポイント50ポイント以上。売上の50%の10%

例 単価6000円×50%×26人×10%=7800円

年間 93,600円

結論

20人以上の直接紹介したカスタマーを獲得で元が取れます。しかし、友人や知り合いを20人集めることは、かなり難しく、100人に声をかければ20人は集まると思いますが、かなりきつい作業になります。

2.自分が紹介したビジネスパートナー(44.900円)の売上(ダウンライン報酬)

これは自分が紹介したビジネスパートナー(TT(チームトレーナー))が1階層。さらに、その紹介した人が別の人を紹介したビジネスパートナーを2階層。

ダウン報酬

  • 1階層 0.25%
  • 2階層 0.25%
  • 3階層 0.25%
  • 4階層 0.5%
  • 5階層 2%
  • 6階層 3%
  • 7階層 8%
MEMO

7階層のビジネスパートナーがつけば、月100万以上の収入になります。しかし、年間更新料12.000円の元を取るのに20人以上、契約しなければいけません。

3.ビジネスパートナー(44.900円)を紹介した時の報酬(CABボーナス)

CABボーナス

  • 最初のランクQTTは1人ビジネスパートナーを紹介して5000円。
  • 次のランクETTは1人で10000円。
  • 3ランク目ETLは1人で15000円
  • 4ランク目TCは1人で25000円
  • 5ランク目REは1人で29000円
  • 6ランク目RVPは1人で34000円
  • 7ランク目SVPは1人で36000円

紹介したビジネスパートナーが紹介してももらえる

また、自分が紹介したビジネスパートナーが、他のビジネスパートナーを紹介してもCABボーナスをもらえます。

自分のランクが ETTの場合、グループ傘下のQTTがビジネスパートナーを紹介した場合、ETT10000円-QTT5000円=差額の5000円もらえます。

つまり、自分のランクの金額-紹介した人のランクの金額=自分のもらえる金額で、ランクが上がれば、かなり儲かります。

まとめ

元手を取るのに、パーソナルカスタマー(顧客)を最低20人紹介する必要があります。私は友人や知り合いに「もしも、自分が入会して紹介したら、契約してくれる」か聞きましたが、全員やらないと言っていました。理由「わけのわからない電気小売の契約はあやしい」「マルチ商法のイメージが悪いから」

もしも、これからACNの電気ビジネス会員にチャレンジしたいのであれば、入会費、年間更新料が安いCR(カスタマーレプレゼンタティブ)に契約し、儲かるかどうか試してみることをおすすめします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です