ニュースキンの評判、ネズミ講ではない理由をまとめてみた。

売上がアムウェイやミキプルーンで有名な三基商事に次ぐ、ネットワークビジネス界3位の実績を誇るニュースキン。今回はニュースキンについて評判やねずみ講ではない理由や特定商取引法での勧誘方法をまとめてみました。

ニュースキンの会社概要

©ニュースキン/フェイスブック

ニュースキン エンタープライズ社 (Nu Skin Enterprises, Inc.)

  • 【本   社】アメリカ合衆国ユタ州 プロボ
  • 【会   長】スティーブン J. ランド
  • 【最高責任者】リッチ N. ウッド
  • 【創   業】1984年
  • 【売 上 高】22億780万ドル(2016年度実績)

ニュースキン ジャパン 株式会社(Nu Skin Japan Co., Ltd.)

  • 【本  社】東京都新宿区西新宿
  • 【設  立】1993 年
  • 【代  表】小林 和則
  • 【事業内容】パーソナルケア製品、栄養補助食品および生活関連製品の製造・輸入・卸売販売と、インターネット関連サービスの提供

ニュースキン ホームページ

ニュースキンはネズミ講ではない

ニュースキンはネズミ講なの?

第二条 この法律において「無限連鎖講」とは、金品(財産権を表彰する証券又は証書を含む。以下この条において同じ。)を出えんする加入者が無限に増加するものであるとして、先に加入した者が先順位者、以下これに連鎖して段階的に二以上の倍率をもつて増加する後続の加入者がそれぞれの段階に応じた後順位者となり、順次先順位者が後順位者の出えんする金品から自己の出えんした金品の価額又は数量を上回る価額又は数量の金品を受領することを内容とする金品の配当組織をいう。

(無限連鎖講の禁止)

消費者庁(消費者の窓)ホームページ より引用

 

ねずみ講とは販売対象となるのが「金品」であり、無限に勧誘者を増やしていく手口で違法です。一方、マルチ商法は無限に勧誘者を増やす手口はねずみ講と同じですが、販売する物が「商品」であり合法です。

ニュースキンビジネスは合法

ニュースキンは連鎖販売式という点ではネズミ講と似ていますが、取り扱う物が「商品」であるので、マルチ商法に該当します。また、マルチ商法に関しては特定商取引法の連鎖販売取引が適応され、ルールが設けられています。

マルチ商法の勧誘する際のルール

1.特定商取引法の規制対象となる「連鎖販売取引」 (法第33条)

特定商取引法は、「連鎖販売業」を次のように規定しています。

物品の販売(または役務の提供など)の事業であって

再販売、受託販売もしくは販売のあっせん(または役務の提供もしくはそのあっせん)をする者を

特定利益が得られると誘引し

特定負担を伴う取引(取引条件の変更を含む。)をするもの

特定商取引法ガイドのホームページより引用

ニュースキンなどのマルチ商法(ネットワークビジネス)には特定商取引法の「連鎖販売取引」のルールがあり、違反した場合、ペナルティが課せられ、販売会社に業務改善指示や業務停止命令、業務禁止命令などの行政処分のほか、罰則の対象となります。

ネットワークビジネスをする人へ

ネットワークビジネスをする人は特定商取引法の「連鎖販売取引」は重要なので、勉強をしなければいけません。

「連鎖販売取引」のルール

  • 1.氏名などの明示(法第33条の2)
  • 2.禁止行為(法第34条)
  • 3.広告の表示(法第35条)

1.氏名などの明示(法第33条の2)

会員は勧誘する際、【会社名】と【自分の氏名】、【勧誘目的】、【対象となる製品】を最初に告げなければいけません。

 

2.禁止行為(法第34条)

1.勧誘の際、または契約の締結後、「製品の性能」や「会費にどれだけの費用が発生するか」「どれだけ儲かるか」事実と違うことを告げてはいけません。

2.勧誘の際、または契約の締結後、その解除を妨げるために、相手方を威迫してはいけません。

3.勧誘目的を告げない方法によって誘った消費者に対して、公衆の出入りする場所以外の場所で、契約の締結について勧誘を行ってはいけません。

 

3.広告の表示(法第35条)

  • 取引に伴う特定負担に関する事項
  • 特定利益について広告をするときの計算方法

1.取引に伴う特定負担に関する事項

会員になった時の入会金、登録料、商品の定期購入の有無、セミナー費など活動をする上での費用を説明しなければいけません。

2.特定利益について広告をするときの計算方法

会員になった時の報酬プランを説明しなければいけません。

 

注意
「連鎖販売取引」のルールは上記に記したこと以外にもあり、会員は消費者に対して【クーリングオフ制度】や【中途解約・返品ルール】なども説明しなければいけません。

これらのルールを破り続けると会社も消費者庁からペナルティを課せられるだけでなく、会社からも会員に対してディストリビューター資格の剝奪などペナルティを課すことになるので、勧誘方法には十分注意してください。

一部のニュースキン会員に対しての評判は良くない

ニュースキンの一部会員に対しての評判は良くなく、「誘うときに何の勧誘なのか言わない」とか「会員をやめたいけどどうしていいかわからない」、「断ったら威圧的な態度になった」という苦情がありました。

ニュースキン会員に対する苦情(コメント)

私は他社の化粧品を使っていましたが、断れなくて数点購入しました。「気に入らなかったら使いかけでも返品できるし、全額返金できるから」と言われて購入しましたが、返品手続きもややこしく、結局返品手続きはせず、そのまま使わなく放置してます。最悪です。

何回も熱心にセミナーに行ってたので、「急に辞めたいと言ったら友達との関係が悪くなるんじゃないか」など考えるとなんと言って辞めたらいいのかわかりません。困っています。

私もニュースキンビジネスに多くの時間を費やし、いろいろな物を失いました。ビジネスを辞めて1年が経ちますが、毎晩のように思い出しストレスで寝れない日が続いています。アップの金稼ぎの道具として扱われ、お金、時間、友達、仕事までも奪われました。このストレスのぶつける場所がなくて非常に困っています。

私の彼氏が1年くらいニュースキンのディストリビューターグループでビジネス活動していましたが、収入を得るどころか貯金をすべて使い果たし、人格も変わってしまいました。もう限界だと思い「これ以上続けるなら別れる」と言ったら、何とか辞めてくれました。

友人からニュースキンすすめられて、断ったら、威圧的な態度に変わり、ものすごく不快な思いし絶交しました。

友人から「経済のセミナーがあるから来て」と言われて、参加してみたらニュースキンのセミナーだった。人をだますとかマジで気にいらない。

セミナーで会員は講習費、材料代でお金取られた。最初に料金がかかる事を一言も聞いていなかったので、誘ってきた知人に払わせました。

まとめ

ニュースキンもコンプライアンスに力を入れていますが、一部の会員が行う勧誘に対しての苦情があるので、このような行為を行う会員に対してニュースキンも処分などペナルティを課しています。会員の方は勧誘方法には気をつけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です